シールド工事(一般的工事)

リスクが多い地下工事を安全に、円滑に。
人と現場を安全に能率よくする設備です。

地上での作業以上に、シールド工事には危険が伴います。
クロダテックがご提供するシールド工事関連設備はどれも作業員の方々が安心して仕事に取り組めるよう、少しでも負担が軽減できるように工夫されたものばかりです。
クロダテックのシールド工事用設備は、業界でも定評があります。

(ページの下部に各箇所の説明を別途記載しています。)


1.L型クレーン
長い資材を移動させる場合、また壁際や地下昇降口ギリギリまで資材を運ぶ時に便利です。
従来の橋型クレーンより機動力にも優れます。

2.止水扉
地下工事の天敵である地下水の噴出に備えて、シールド工事の最前線に設置する扉です。地下水による事故や工期の遅れを防ぎます。
3.エントランス
シールド機と壁面との隙間から土砂や地下水が流出するのを防ぎ、既に掘削の終った現場を保護します。シールド機の出入り口となる設備です。
4.ターンテーブル
狭い場所でトラックなどをUターンさせる設備です。現場での通行を潤滑にすることで、事故やその他のトラブルを防ぎます。