沿   革

昭和34年 6月 大阪市城東区横堤に個人会社「黒田鉄工所」を創業し、主として送風機・木材機械などの産業機械を製作を始める。
昭和35年 8月 株式会社 黒田鉄工所を設立する。
昭和36年 7月 ディーゼルハンマー用の杭打リーダーの製作を始める。
昭和40年 7月 高周波振動杭打機(バイブロハンマー)のサービス業務を始める。
昭和42年 4月 両面式杭打リーダーを開発する。
昭和42年11月 推進工事、シールド工事の関連設備の製作を始める。
昭和48年 2月 建設工事全般にわたる建設設備の設計、製作を始める。
昭和63年 6月 兵庫県多紀郡丹南町(現・篠山市)に兵庫センターを開設する。
平成元年 3月 株式会社 クロダテックを設立する。
平成元年 4月 株式会社 黒田鉄工所は菱井工業株式会社と共同で「クラブトロリ式橋形クレーン」の製造許可を取得し、3t以上のクレーンの製造を菱井工業と共同で始める。
平成 7年12月 東京都新宿区に東京営業所を開設する。
平成13年10月 神奈川県大和市に横浜出張所を開設する。
平成17年 4月 横浜出張所を東京営業所に統合する。
平成17年 7月 株式会社 黒田鉄工所の業務を、株式会社 クロダテックに統合する。
平成19年 8月 株式会社 クロダテック単独で橋形クレーン、天井クレーン、テルハの製造許可を取得する。
平成20年10月 「兵庫センター」で橋形クレーン、天井クレーン、テルハの製造許可を取得する。
平成21年11月 滋賀県東近江市の青山機工関西機材センター内に滋賀センターを開設する。
平成21年11月 「大阪工場」で吊上げ荷重32tの橋形クレーン、天井クレーンの製造許可を取得する。
平成24年 3月 「大阪工場」で吊上げ荷重62tの橋形クレーン、天井クレーン、テルハの製造許可を取得する。
平成24年 7月 兵庫県篠山市に「篠山E&M」を開設し、主に電気機器・装置の整備工場として運営開始する。
平成25年 2月 「兵庫センター」で吊上げ荷重62tの橋形クレーン、天井クレーン、テルハの製造許可を取得する。
平成25年 4月 宮城県仙台市に「仙台営業所」を開設し、東北地方の営業拡大の拠点として運営開始する。
平成25年 7月 神奈川県寒川町に関東センターを開設し、コンパクトシールド用機材の整備拠点として運営開始する。
平成25年11月 黒田 力が代表取締役社長に就任する。
平成28年 4月 仙台営業所を閉鎖し、その業務を東京営業所に移転する。
平成28年 9月 兵庫県丹波市青垣町にクレーンを主体とした設計、製造、レンタルを行う新工場「関西マシーナリ」を開設する。
関西マシーナリの開設に伴い、滋賀センターを閉鎖しその機能を関西マシーナリに移行する。
平成28年10月 兵庫県丹波市青垣町に開設した「関西マシーナリ」で10月25日付でクレーン製造許可を取得しました。